Bullying of evacuated children

原発避難の子どものいじめ:何がそうさせるのか?

最近、原子力災害から逃げてきた子供たちが学校でいじめにあっていることが何度も報道に取り上げられています。このようないじめはずい分以前から存在するのですが、今まで取り上げられることがなかったのに、ここ最近の報道は熱心にこの問題を扱っています。しかし、これらの出来事はややもすると、教育の現場問題として捉えられてしまいがちで、そもそも原発避難者が何故存在するのかという問題の根源に言及されることがありません。この問題を、避難者の立場から考えた森松明希子さんのコメントをご紹介します。関西テレビ 2016年12月5日ニュース情報番組「みんなのニュースワンダー」でのインタビューです。

Recently, the Japanese mass media are busy reporting on the bullying of evacuated children at school. As a matter of fact, this kind of bullying has existed for quite a while. However, after a long silence, the mass media have suddenly started reporting about it. Often, it tends to be reduced to the common bullying found in the education system without reference to the particular environmental hazards caused by the nuclear accident.  Akiko MORIMATSU analyzes the bullying from the viewpoint of the nuclear disaster evacuees. She was interviewed in “Minna no News Wonder” at Kansai TV on December 5th 2016.

***

【3.11避難者の声】
【3.11 evacuees’ voices】

 「逃げる勇気」と「助けてと言える力」
“The courage to escape” and “the power to ask for help”

image-morimatsu

逃げてきて助けてと言っているのに助けられない社会を見せられた時、子どもたちは何を学習してしまうのかしらと心配になります。
社会が、大人がそのお手本を見せなければ、学校で子どもが「逃げる勇気」も「助けてと言える力」を発揮することも出来ないと、私は思うのです。

I am worried about what children will learn when they face a society incapable of helping  people who have fled from calamity and are asking for aid.
I think that when society does not show how it is possible to help, children won’t be able to have the “courage to escape” or to deploy the power to “ask for help” at school.

原子力災害を通じて気付いたこと。それは、人は危険に直面したら「逃げる」ことは簡単だし当たり前だと思い込みすぎているということ。

I’ve noticed the following through my exerience with the nuclear disaster.  We accept too easily that people facing danger will be able to escape without difficulty, and that it is natural to do so.

逃げさせない、逃がさない、逃げてもいいよと言いつつ逃げることに対して異常にハードルを高くする、そんな社会的状況を作り上げることができてしまうし、実際にその状況にこの5年8か月置かれていることを原発国内避難民である私は体感し続けています。

However, it is possible to create social situations which won’t allow for people to escape from danger, which won’t let them flee, or which pose such big obstacles that people can’t escape even when they are told that they are allowed to do so.  This has indeed been our situation for the last 5 years and 8 months.  I feel this way as an internal nuclear refugee.

大人社会がそのような状況の中で、子どもたちは3.11および原発事故の当初から現在に至るまで、逃げてきたことを正面から受け止めてもらえない社会の中で、ただでさえ「いじめ」に遭うことは誰にだって起こりうることなうえに、さらに社会の無理解、無関心、そして偏見、差別によりそれが助長され、これまでも危険にさらされてきましたが、今回の報道を受けてさらに危険が増していると私は思わずにはいられません。

This is how adult society is.  In this society in which our evasion is not fully accepted, children are exposed to the risk of bullying, which can happen anywhere unfortunately, amplified by incomprehension, indifference, prejudice and discrimination of the society.  I must say that they are facing even greater risks in response to the recent reporting by mass media.

いつだって、避難児は、「今そこにある危機」と向き合っているのです。
いや、避難児だけでなく、この国の子どもたちすべてがそういえるのかもしれません。

At anytime, evacuee children are facing “the risk which is present here and now”.
This may be true for any children in this country.

そして、「いじめ」はなにも子ども社会に限ったことではないのです。
確実に、二次被害、三次被害が起きている言っても過言ではないと思うのです。

And the “bullying” is not limited to children’s society.
It can be certainly said that there are second and third levels (TN 1) of damage from the nuclear disaster.

だからこそ、社会全体で、原子力惨禍の実態を受け止め、真実に目を向ける必要があると思うのです。

This is why society as a whole should accept the real situation of the nuclear disaster and set our eyes more directly on the truth.

全国にいる避難者、避難児が現実に存在するのです。
「避難をする必要があるので避難を続けている」のです。

The evacuees and evacuee children really exist all over Japan.
“They continue being evacuees because it is necessary to evacuate (TN2)”.

それが真実であり、現実であり、その事実からスタートして、社会がどう向き合っていくのか、に尽きると私は思うのです。

That is the truth and reality.
The only thing which counts is to start from this fact and decide how society should deal with it.

(福島→大阪・2児を連れて母子避難・森松明希子)
(Akiko MORIMATSU evacuated with two children from Fukushima to Osaka)

関西テレビ 2016年12月5日ニュース情報番組「みんなのニュースワンダー」
Broadcasted by Kansai TV on December 5th 2016

Sources: 東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream
森松明希子さんのfacebookページ
Facebook of Akiko MORIMATU (in Japanese)
____
(TN 1) For example, psychological, familial or social levels.
(TN2) because the environment is contaminated

2 thoughts on “Bullying of evacuated children”

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s